ボトックスはエラに効く!エステ感覚の整形術

ボトックスの失敗とは

女性

ボトックスは簡単に表情シワが軽減できたり、エラを小さくすることができる夢のような治療と考えている人も多いでしょう。しかし、ボトックス治療には、失敗やデメリットもありますので、しっかり理解しておきましょう。ボトックスの失敗として挙げられるのが、スポックブローです。スポックブローとは眉間や額にボトックスを打った際に、眉尻が不自然に上がってしまうようになことです。スポックブローになってしまう原因はボトックスの量にあります。ボトックスの量が少なかったり多すぎたりするとバランスが悪くなりスポックブローが起こってしまいます。スポックブローを防ぐのは美容整形外科の医師の技量としか言いようがありません。スポックブローを起こさない為にもボトックスの実績がある美容整形外科を選ぶようにしましょう。また、スポックブローが起きやすいひととして、表情筋をよく使う人や、眉間や額に皮膚の多い人が挙げられ、ますので、注意しましょう。また、65歳以上もスポックブローが起こりやすいとされています。次に起こりやすい失敗例としては、無表情になってしまうということがあります。無表情になってしまう理由はボトックスを打つ位置です。打つ位置が適切な場所でないと、表情が動きにくく、違和感のある無表情になることがあります。特にほうれい線の施術には注意しましょう。ほうれい線は、元々深い人とそうでない人がいます。元々あるほうれい線の場合。表情シワとはいいにくいので、ボトックスの効果が薄くなってしまうことがあります。無表情になってしまうスポックブローの場合はかなり注意が必要です。表情が無くなってしまうと、日常生活での支障が大きいからですしかし、ボトックスはアゴのうめぼしシワには効果的であると言われています。部位によってボトックスに向き不向きがあるので、注意しましょう。また、注入してしまうと修正することが難しいのもボトックスの注意点です。上記のような失敗が起こってしまった時、ボトックスが消えるのを待つしか方法がありません。ボトックスは半年ほど効果が持続しますから、その間効果がなくなるのを待たなくては行けないのです。ですので、後悔しない為にもしっかりボトックスを理解している医者を選ばなくてはいけません。美容皮膚科や美容整形外科の中には、ボトックスを得意としている病院や、ボトックス専門医を設けている病院もあります。そのような場所を利用して、思い通りの仕上がりを実現しましょう。